FC2ブログ

スポンサーサイト

記述式答案用紙の開示請求が簡単になった


 2年以上前に答案用紙の開示請求されたことがある方はご存知だと思いますが、結構面倒くさかったんです。

 まさに、↓の流れです

 http://www.moj.go.jp/content/000116612.pdf


 一度、開示請求をして、開示決定が郵送されてきた後、開示の実施申し出をして、その後やっと答案用紙が送られてくる、という流れでした。

 私が2年前に開示請求をしたときは、開示請求→開示決定までに40日近く、開示の実施申し出から実際に郵送されるまで1週間程度と、2度の手間と50日近い期間がかかりました。

 その後は面倒で請求しませんでした。


 今回は、辰巳さんで合格者の答案用紙を募集していまして、応募すると認定考査の過去問と図書券をいただけるということなので、そのために答案を取り寄せることにしました。
 認定考査の過去問は単独では売っていないみたいなので、図書券よりも過去問目的です。
 

 2年前の経験があるので、手間と時間は覚悟して臨んだのですが、その戦いはあっけなく幕を閉じることになりました。


 2週間ほど前に請求しましたが(開示請求)、2日前に封筒が返送されてきました。

 2年前だと、この封筒に開示の実施申出書が入っていて、記入した上で返送する必要があったのですが、今回は驚いたことに、開示決定書と一緒に、目当ての答案用紙が同封されていました!

 最初、何が起こったかわからないくらいにびっくりしてしまいました。


 もしかして、あちらさんが間違った?とかも想像したのですが、少し考えて、手続きを簡素化したのだろうと、得心するに至りました。

 期間も2週間程度で返送されてきたので、全体的にオペレーションを見直したのだと。
 開示決定も原則30日以内、と記されていますのでもしかしたら法改正があったのかも。

 そもそも、こんな自分の書いた答案用紙ごときのコピーをもらうのに、手続きが面倒くさすぎたんですよね。こちらもそうですが、法務省側にとっても。

 法務省もいろいろ検討して、実を取ったのかな、と思います。


 私のように面倒くさがりで請求していない方がいれば、この機会に請求してみてはいかがでしょうか。

 なお、かかる費用は、

印紙  300円
切手  82円+82円
住民票 300円~400円
封筒代 

私の場合で、計864円+封筒代です。


一応、開示請求の流れも記します。

(注)
・郵送請求限定の内容です。
・平成29年10月時点の内容ですので、請求される際は念のため法務省の該当ページを確認してください。

1 http://www.moj.go.jp/hisho/bunsho/hisho02_00006.html
 ここの、「4 開示,訂正,利用停止請求書」のところから、請求書をダウンロード&編集&プリントアウト。
 編集できない方は、プリントアウトしてから手書きでご記入ください。

2 記入例をご覧ください

   開示請求書 記入例

 ※私が作成したものです。
 ※収入印紙貼り付けを忘れずに

3 添付書類
 ・免許証等の本人確認書類
 ・発行後30日以内の住民票写し(コピー不可)・・・郵送請求の場合は必ず必要のようです。
 ・返送用封筒(請求者の住所・名前を記入、82円切手貼り付けの上)

4 これらを封筒に入れて、82円(または92円)切手貼り付けのうえ、郵送する。
 私の場合、24gでしたので82円でした。
 封筒の裏には、念のため差出人を記す。

 □郵送先
 http://www.moj.go.jp/hisho/bunsho/disclose_disclose99.html

5 後は待つ
 なお、返送用の封筒に貼り付ける切手は82円で大丈夫です。
 切手の下の所に、「差額受取人払い」のハンコが押されてきたので、もし金額が足りなかったら、請求者側が受け取る際に10円払うことになるでしょう(郵便局員はめんどくさいだろうなあ)。

 今回(平成29年10月請求)は、2週間程度で返送されてきました。



 そして、答案の内容を模範解答と見比べました。

 自己分析すると、「書けるところはきっちり書いていた」のが勝因かと。
 不登法はひどいもんだと思っていましたが、それでも7枠中4枠は添付書類含め、まずまず書けていました。
 残り3枠と第1欄(3)が、まあ終わってるんですが、その印象が強すぎて、もう駄目だと思ったんですね。

 枠ごとの減点上限があるというのは、この結果を見ても感じます。

 商登は、もっときっちり書けていたと思っていましたが、こっちは想像以上にやらかしていました。

 まさか代表清算人を書き忘れたとは・・・。
 そして、死んだはずのBを清算人に就任させていました。

 

関連記事
スポンサーサイト







↓司法書士試験最新情報
にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村

コメント


管理者のみに表示